医学生・研修医の方へ

先輩メッセージ

後期研修医

秋浦 覚視

Satoshi Akiura

平成29年(2017年)入局

当講座に入局を決めた理由を教えてください。
私が当講座入局を決めたのは、一つの診療科内で患者さん一人一人の治療を全身状態も鑑みながら進める経験ができ、超高齢社会の現代の歯科診療に必要な総合的な医学、歯学的な技能、知識を養うことができると考えたからです。また、全身管理の一環として麻酔科研修があることも選考の大きなポイントでした。私の母校は歯学部併設の大学病院であり、研修は口腔外科や補綴科、保存科、それぞれの専門分野で別個に行われます。それぞれの専門家から得る知識もさることながら、歯科医師1年目として迎える期間は、特に患者さんを診る上で基礎となる、今しかできないこと、医学の基礎を学びたいと思いました。1年が経った今でも間違いはなかったと確信しています。
どんな時に、どんな事にやりがいを感じますか?
患者さんと話しているとき、感謝されたとき、処置が上手くいったときや、困難な症例の方針検討をしているとき等はもちろんですが、当院では、他科の医科の先生方、研修医の先生方とも患者さんの話をさせて頂く機会も多く、その時々で新しい世界に触れたときにやりがいを感じます。大学時代にはあまり感じなかった、医療の一端を担っている感覚が、とても刺激になりますし、責任感が湧いてきます。学ぼうという意思に応える環境があると感じます。
入局を検討されている方へ
とても忙しく、慌ただしい日々ではありますが、きっと後悔することはないですし、成長した自分を感じられる研修になると断言できます。これから先、口腔外科で専門医を目指す方も、一般歯科で働こうと考えている方も、また、別の道に進もうと考えている方も、一生に一回の研修の期間、佐賀大学医学部附属病院で過ごしてみてはいかがでしょうか。医局員一同で歓迎いたします。まずは気軽に見学にいらしてください。

一覧へ戻る

医学生・研修医の方へ
研修・入局について
先輩メッセージ
佐賀大学医学部歯科口腔外科学講座

〒849-8501
佐賀県佐賀市鍋島5丁目1番1号
TEL:0952-34-2397