医学生・研修医の方へ

先輩メッセージ

平成29年 後期研修医

内野 加穂

Kaho Uchino

平成28年(2016年)入局

当講座に入局を決めた理由を教えてください。
私が当講座に入局を決めた理由は、主に3つあります。1つは、様々な口腔外科疾患の治療を行っていることです。当院は佐賀県で唯一の大学病院であることもあり、腫瘍や外傷のほか、歯科口腔外科疾患全般を扱っています。中でも、口唇口蓋裂の手術や、エピテーゼを含む顎顔面補綴を行っていることは、大きな特徴だと考えます。2つ目は、医局の雰囲気がとてもよいことです。医局員の人数は少ないですが、だからこそまとまっていて、厳しさの中にも家族のようなアットホームな雰囲気があります。経験年数に関係なく、皆が意見を出し合える雰囲気は当講座の魅力だと思います。3つ目は、自分で経験できる症例数が多いことです。研修医1年目から、外来、病棟、急患、医科からのコンサルトなど、指導医の先生の下、早速戦力として診療に携わることができます。救急部や麻酔科の研修も、見学だけでなく、実際に処置や全身管理を経験する機会があります。
どんな時に、どんな事にやりがいを感じますか?
最もやりがいを感じるのは、自分が少しでも患者さんの力になれていると思う時です。夜間の急患対応などでは、「自分が対応しないと、この方を救えないかもしれない」という思いで対応をします。上級医がメインで処置を行うことも多いですが、少しでも処置が滞りなく進むように、患者さんの不安をできるだけ和らげることができるようにとサポートをします。転倒して口唇の裂創で大泣きしていた子どもが、処置に協力してくれて、後日、来院した時には、「もう痛くないよ」と笑顔で言うのを聞くとき、とても嬉しい気持ちになります。他にも、他院や他科で治療が困難で紹介された方の病状について、原因や治療法を考え、治療が奏功した時、難治性の疾患であっても、「ありがとう、頑張るよ」と感謝の言葉を聞くとき、大きなやりがいを感じます。責任は大きく、体力的にきついと感じることもありますが、やりがいが大きいからこそ、日々向上心を持ち仕事に取り組むことができているように感じます。
入局を検討されている方へ
口腔外科全般を学びたい方、研修期間に見学するだけでなく、多くの経験を積みたいと考えている方、全身管理について学びたい方、当講座に少しでも興味を持っていただいた方は、ぜひ一度見学に来ていただればと思います。仕事に対する情熱、医局員の団結力はピカイチな医局で、きっと、日々明るく仕事に取り組むことができると思います。OBの先生方との繋がりも深く、開業医の先生方や関連病院の先生方、他大学で勤務されている先生方ともお話しする機会があり、OBの先生の歯科医院で学ばせていただく機会もあります。ホームページ上では伝えきれないこともたくさんありますので、まずはお気軽にご連絡いただき、見学の際にお話ができると嬉しいです。

一覧へ戻る

医学生・研修医の方へ
研修・入局について
先輩メッセージ
佐賀大学医学部歯科口腔外科学講座

〒849-8501
佐賀県佐賀市鍋島5丁目1番1号
TEL:0952-34-2397